東京蚤の市でドライフラワー

東京・麻布十番で天然のドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

そろそろ、南から梅雨入り声が聞こえてきましたね。

今日のレッスン終了後に、どうしても行きたくて駆け込みで行ってきました。
東京蚤の市。

アンティークの雑貨、食器、家具、衣類等たくさん出店されてました。

かし!
私の目的は、もちろんドライフラワーです。

他のブースよりも賑わっているような気がしました。

ドライフラワーのブースの活気は凄かった。
私も勉強のために、グルグル廻っていましたがお客様の声が口々に『これ可愛い~』とスワッグ、リースを手に取り購入していた。

レジが追い付かず、長蛇の列になっていた。
ワークショップも満席だった。

スワッグ、リース、小さなアレンジなどを作るワークのようです。

たくさんの方が楽しそうに作っている姿や、ドライフラワーを手に家に帰ったらアレンジしてみようとか言っているのを聞いて嬉しくなりました。

思わず手伝いましょうか?とスタッフに言いたくなりました(笑)

来年は、イシゾノとして参加するのもありかも…と一人でニヤニヤしながら戻ってきました。

これからも、ドライフラワーが多くの方に楽しんで頂けたら嬉しいですね。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

また、9月からドライボタニカルレッスンもスタート予定。
何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム

ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライフラワー・スワッグの作り方と注意点

東京・麻布十番で天然のドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

母の日も終わった今日は、スワッグレッスン。
お花をふんだんに使って頂くのでお花選びがとっても楽しい。

ドライフラワーは生のお花よりも乾燥しているため、とってもデリケート。
力の加減を間違えたらポキッと折れてしまうのがほとんどです。

だけど、何とも言えない質感がドライフラワーの良さなんでしょうね。
今日は、昔花屋さんでバイトしたことがあるという方がご参加下さいました。

お花の扱い、アレンジや束ねるのは流石にお上手でした。

生花をそのまま吊るし、ドライフラワーにした場合は茶色く変色してしまいがち。
ドライフラワーにするのも一つ間違えると汚くなりますね。

スワッグもバランスと考えて配置しないと汚く見えることもあります。
その原因は、大きく分けて二つあります。

つ目は、お花のバランスです。
ボリュームがあればいうわけではありません。
お花の高低差や吊るした時にトライアングルのようになっていることが綺麗に見えるポイントです。

つ目は、メインになるシンボルと色彩のバランス。
特に色彩の面では、全体にアンティーク調に仕上げたいと思った場合。
全体の色彩トーンを落とした状態にしてしまうことがある。
その時は、まさに古ぼけた感じに見えることあります。

そうならないためにも、明るい色彩をワンポイントに使うのは必須。

ドライフラワーを教えてくれている先生が、以前に笑い話をしてました。
風水でドライフラワーは、花が死んでいて縁起が悪く運気が下がるって。

先生いわく、生花でも切ってしまった段階で死んでいる!
何が違うかいうと色彩を間違えてしまうことで不潔に見えたり、アンティーク調ではなく枯れた花に見えてしまう点だと思う。

人は、五感の中で視覚はダイレクトに印象つける。
ドライフラワーのアレンジは、特に気を付けないといけないと感じてます。

6月末までは、スワッグレッスンはイシゾノポイント2倍です(笑)
この機会に是非、体験下さいね。



自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

また、9月からドライボタニカルレッスンもスタート予定。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライフラワーの世界

麻布十番で天然のお花をたくさん使って
ハーバリウム、スワッグ、リース体験レッスン、フラワーアレジメントの教室・通販を行っている。
フローラル デザイン イシゾン
北薗明美です。

ハーバリウムをきっかけにドライフラワーの世界にハマってます。
色彩が好きだったり、何気ない茎の感じなど。

きっと、家具やインテリア雑貨もどちらかといえばアンティーク調が好きなので
イシゾノのキャビネットはこんな感じです。

フローラルデザインイシゾノ

変わってきたのは、この中の作品

少しゴチャゴチャしてきましたが、
ハーバリウムなども増え最近ではドライフラワーのトピアリーも仲間入りです。

実は、以前からインスタグラムで気になっていたドライフラワーの教室にレッスンに行ってきました。

本当に、今後やっていきたいと思っているスタイルに近いの教室
Rint Dry Flowersへレッスンへ。

生花のバラを仕入れてドライにしているのがわかりますか。
も~教室に入るなりワクワク菌が止まりませんでした(笑)

もう30年もドライフラワーの世界にいらっしゃる吉本先生に色々ドライフラワーの流れを聞きました。

私自身も、花の卸市場に行っても圧倒的にドライフラワーが賑わっているのは実感してます。
しかし、数年前は全くダメだったりした時代もあったようです。
特に、風水的にも死んだ花というイメージで縁起が悪いとか…

かし!

世の中がモノトーンのインテリアが好まれる時代から少し暖かみを持った木のぬくもりやアンティーク調の風合いの色調が流行っている。
そして、個人の個性や感性を大切にする時代だからこそドライフラワーが私は好き。

先日もとっても個性的なお店に出逢いました。

工場などで使われたサビた針金ネットと朽ち果てた壊れた箱。
この風合いを求めて多くの方が遠方から来られるようです。

私もその一人ですが(笑)

イシゾノもサロンに入ると大きな木のテーブル、木の花棚が目に入る。
全てオーダーメイドで古木材で作られてます。

なので必然とドライフラワーはピッタリ。
ハーバリウムもイシゾノでは、天然のドライフラワーでアンティーク調を中心に。
そして、
ドライフラワーも基本を学びこの良さを皆さんにお伝えしたいと思います。

早速、サロンに戻り作ってみました。

意外と簡単に出来るのでイシゾノの1DAYレッスンでも来月辺りからご紹介しようかと思ってます。

その時は、またご案内しますね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライフラワーブーム

麻布十番でもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている
北薗明美です。

今は、ライフラワー人気は凄いですね。
今年は、フローラルデザインイシゾノでもライフラワーを使ったレッスンを増やしてます。

私たちのお花の協会FEJ(フラワーエデュケーションジャパン)のメルマガでも取り上げられてました。
ドライフラワーの勢いは、自然素材を大事にする傾向やナチュラル志向、オーガニック、ロハス志向の考えなども追い風になっているのではないかと。

また、空間デザイナー、スタイリスト等が花の世界に進出してドライフラワー、プリザーブドフラワーを取り扱っているようです。

ドライフラワーといえばーバリウム。
今年も相変わらず根強い人気ですね。
先日も花の仕入れに行ってもプリザーブドフラワーのコーナーは人がまばらでした。
自然の持つ素晴らしさが、ハーバリウムのガラス瓶の中で表現されているのでブームではなく定着させていきたいと思ってます。

体験レッスンに来られた生徒さんの作品↓

初めてでもこんなに素敵なボトルができます。

世の中がAI化になっても花はなくならない。
花や人のこころがドンドン大切な物となってくると思われる。

自然の物に触れることは、とっても癒されます。
忙しい毎日だからこそ時間を作ってお花を作ってみませんか?

1月レッスン

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村