12月のイシゾノレッスン

麻布十番でもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている。
北薗明美です。

今年も残しところ1カ月と少しになってきましたね。
2017年は 皆さんにとってどんな年でしたか。


12月はレッスンを中心にお届けします。 フローラルデザインイシゾノのモットーは 物作りの楽しさを伝えたいなってレッスンを重ねてきました。

ありがたいことに、たくさんお客様が来て頂きもっとも多かった声が
また、遊びに来たくなるくらい楽しかったです。

私たちは、お花を通して楽しんで頂く時間を提供したいと思い始めたレッスンなので本望です。

今年最後の月は、思いっきりレッスンに時間を費やしたいと思います。

12月のレッスンは、
クリスマスリースレッスンもしくは、ハーバリウム体験。 まず、レッスン日程は
12月6日(水) 9日(土)
11日(月)夜のみ13日(水)

14日(木)16日(土)
21日(木)
23日(土)
25日(月)26日(火)

曜日  昼13-15時/夜18-20時
 11-13時/13~15時
    18~20時/19-21時
※日程が合わず、個別レッスンも要相談。

今年のクリスマスリースは、手作りリースはいかがですか?

日本では、リースと言えばクリスマスリースというイメージですが
もっと幅広くリースはヨーロッパでは、幸運を呼ぶともいわれ玄関ドアや
家族が集まるリビングなどに飾られています。

お部屋も明るくなりますから、花を飾る感覚で壁に飾ってほしいなって思ってます。
フローラルデザインイシゾノで、クリスマスリースレッスンを体験頂いた方には
リースをリメイクしてお正月や季節のリースへと変更できます。

リースレメイクレッスンは
2時間 3,000円
※リースをお持ちください。
お申込みは➡申込みフォーム

友達へのクリスマスプレゼントは、世界に一つのハーバリウムはいかがですか?

ハーバリウムは、
クリスマス用にラッピングしてお渡しすることも出来ます。
ご希望の方は、お申しつけ下さいね。

お申込みフォームには、
備考にハーバリウム体験、リースレッスンどちらかご記入下さい。
お申込みは➡申込みフォーム 

にほんブログ村

好きを仕事にする②

麻布十番でもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている。
北薗明美です。

8月7日の花の日にスタートした
フローラルデザインイシゾノ。

喜んで頂ける花を作りたいから始まった。

それまでは、花は買うもの。
まさか、自分が花を作って売るなんて思っていなかった。

が…

好きだから大切な人の喜ぶ顔が見たい。
花を選ぶときのワクワクや飾った時のテンションは何とも幸せいっぱいな気持ち。

本田健さんの著書ユダヤ人大富豪の教えの中で。
好きなことの持つパワーについてこんなことが書いてあった。

好きなことをしているとどんどんパワーが湧いてくる。
また、好きなことを夢中になってやることが世界平和に繋がっていく。
それが、その人が生まれてきた使命に気付き、それを生きることが出来れば
自然に周りを幸せにするパワーも溢れてくる。
好きなことであれば、
夢中になって取り組むことが出来き他人と比べない。

とても腑に落ちた。

私が花を仕事に選んだ理由は
花が好きだけど、もっと好きなのは人の喜ぶ顔が見るのが好き。

花を選ぶときのワクワク感や飾った時テンションの上がり方は驚異的。

楽しんでもらえる場に花がある。
人が集まり、みんなで花を作る。
そんなことが出来たら私自信が楽しくて幸せを感じるなって思った。

そんな中、
11月からスタートした資格取得コース。

フローラルデザインイシゾノには記念すべき
ハーバリウム資格取得コース
受講者が誕生。

今回、改めて好きを仕事にすることって気付きを教えてくれたのも
受講生の方のワクワクが止まらない!という点からです。
ご紹介は次回しますね。

ハーバリウムは、今とってもブームです。
お蔭さまでお問い合わせやハーバリウム体験に来られる方も増えてます。

しかし…

私が望んでいるのは、ブームではなく誰にでも簡単にお花の仕事ができる
ことがハーバリウムで実現できる。

お花が好きだけど大変そう。
と思ってませんか?

ハーバリウムは、仕入れもプリザーブドフラワー、ドライフラワー、
オイル、ガラス瓶だけ欲しいものだけ揃えればいつでもできます。

嬉しいことに
その仕入れが花の卸業と直接取引出来ればコストが抑えられる。

それと、ブームだからこそ基礎は知ってないとハーバリウムの質が落ちてしまう。
本当に好きなことであれば、自然に知識がほしくなる。

兼ねてからお花をお仕事にしたいと考えていた方。
ハーバリウムは、今のお仕事にもプラス出来るし仕事を持ってない方も
本業としても成り立つと思うのでおススメです。

最後に
本当に関わっているだけでワクワクする。
何時間でもやっていれる。
夢中になって関わることは魂が喜ぶ。
好きを仕事にすることは

人生を楽しんでみることってこんなことかなって感じます。

今回ご紹介した
ハーバリウム資格コースにご興味頂けたら是非ご連絡下さいね。
一緒にハーバリウム楽しみましょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

好きを仕事にすること

麻布十番でもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている。
北薗明美です。

10月に入り毎日雨から一気に冬になってしまいました。
今年は、秋を味わう時間が少なかったような気がしますね。

さて、タイトルにあるように好きを仕事にすること。
あなたは出来てますか?

今年の8月7日花の日からお花の仕事をはじめて一番感じたのは。
こんなに花が人に喜んで、感謝されるものだということを感じた。

私自身が、こころの専門家として活動する中でなぜ、花なの?
と言われることも多々あります。

しかし、
花がもたらすこころへの影響は、言葉だけでは届かないこころの部分にも
花は大きく影響されていると思う。

イシゾノのお花は、ほとんどがオーダーメイド。
その方のイメージを伺い、その方のイメージしながら作る。

そして、
イシゾノでは、ご希望者にはことだまメッセージカードを添えます。

フローラルデザインイシゾノ

このことだまメッセージカードは、その方への使命を一言添えてます。
こんな感想を頂きました。

ことだまメッセージカードは、驚きました。
とっても嬉しい言葉がありました。
メッセージにあった言葉を忘れず自分を好きになろうと思いました。

私が、なぜ花を仕事にしようかとおもったのか。

それは
花を通して自分自身知ることが出来る
と思ってます。

夢中になって花、ハーバリウム作ることは自分のこころを表現することができ
自分を知り、癒すことが出来ると思います。

先日の出張ハーバリウム体験には、妊婦さんがご参加されました。
とっても楽しんで頂けたようで、また出張ハーバリウム体験をしたいと
いうご依頼を頂きました。
次回は、唐木田如子庵さんで、
11月10日出張ハーバリウム体験を開催します。
facebookを行っているかたは、こちらのイベントページをご覧ください。
ハーバリウムをつくろ

これからも一人でも多くの方が、喜んでもらえるハーバリウム作りを出張で行っていきます。
ご希望の方は、遠慮なくご相談ください。
皆さんのお近くへお花を持ちハーバリウム作りを楽しみましょう。

最後に、
花、ハーバリウム作りを通して人が喜んでもらうことが私の生きがいでもあり使命だと思ってます。

花を仕事にするのは難しいと思っている方もたくさんいると思います。

しかし、
大切なのは、ご本人が本当に花を仕事にしたい。
花を通じて○○がしたいというブレナイ想いがあるかがとても大切だと思います。

そして、
お花を仕事にしたいと思っている方がこのブログをご覧になった時に
最初の一歩が踏み出せればと思い綴りました。

花を通じての本当に好きなことを仕事にして良かったとこころから思います。
お花をお仕事にしたいとお考えの方で悩まれている方は
ご相談も受け付けていますのでご連絡お待ちしております。
コンタクトフォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

彼女へのプレゼント

麻布十番でもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている。
北薗明美です。

暑さ寒さは彼岸まで。
日差しは厳しいですが、風が心地いい季節になってきましたね。

皆さんにとって、秋はどんな秋ですか?
私は、今年は食欲の秋は程々にして学びの秋にしたいと思います。

今年から始まったお花の教室。
もっと、深めるためにいろんなイベントにも参加したり本を読んだりしたいですね。

人間の心理状態から何か学びたいって思う季節は、実は春ではなく秋なんですって。
暑い夏が終わってホッと一息つけるのもこの季節だからでしょうか。
秋の夜長に…って言葉があるぐらい。
何か、夢中になって取り組む季節なんでしょうね。

さて、イシゾノはまだスタートしたばかりですが、
どんなことがイシゾノで学べるのか。
何が皆さんに提供できるのか。

もちろん、お花の教室なのでお花は当たり前。
イシゾノでは、お花を通じてこころにゆとりや生活に取り入れることで癒しの空間としてお花の影響はとっても大きい。

だけど、残念なことなのは…
アジアの中でも圧倒的に花を贈ることって少ないようです。
花は、もらっても嬉しいけど、花を渡して喜んでいる顔を想像するから贈る側もとってもワクワクします。

どんな色が好みなのか。
どんな顔するかな。

お花を買って贈るのも良いのですが、花を作ることは相手のことを思って作ります。
きっと、こころも届くのではないかなって思ってます。

だけど、一般的に花の教室となると女性専用が圧倒的に多いです。
お花の教室は、女性の方が多いです。

しかし、生花であれば有名な男性作家の方も多数います。
が、プリザーブドフラワー作りとなると
女性専用にするのはおかしいと思いませんか?

今回、パートナーの石川が物作りが好きで、花も好きということで共同で立ち上げたフローラルデザインイシゾノ。

もしかしたら、一番伝えたいのが今回のようなご結婚目前のカップルかも知れないなって改めてレッスンが終わって思った。

今回初めてご参加頂いたのは、お花好きの彼女へ合格祝いでプレゼントとして一緒にハーバリウムを体験されました。

 

何かを一緒に楽しむということは、とっても楽しいですよね。
同じ花材で作ってもこんなに違うのも面白いですね。

ハーバリウム体験


とっても女性らしい作品にドキッとしました(笑)

次は、結婚式を挙げる時には、世界で一つのキャスケードブーケ作りをご提案させて頂きました。

FEJ資格取得コース

 

お帰りの際は、お二人ともとっても笑顔が輝いてました。
早速、飾られた写真を送って頂き、嬉しくて胸が熱くなってきました。

今の世の中、物が溢れお金を出せば何でも手に入る時代。
だからこそ、選ぶ側の価値観に大きく差が出てきていると思う。

自分にとっても大切な人に喜んでもらうプレゼント。
高価な物を贈るのではなく、相手のこころに響くもの

大切な方、や彼女へのプレゼントに困っている方。
是非、お手伝いさせてください。


フローラルデザインイシゾノでは、
毎週木曜日、土曜日と体験レッスンを開催しておりますが個人レッスンも承っております。
日程が合わないので諦めないでくださいね。
今回のテーマでもある彼女へのプレゼントで男性お一人でのレッスン参加も可能です。
ご不明な点がありましたが遠慮なくご連絡ください。
コンタクトフォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ハーバリウム体験お茶会

麻布十番で作ってもらって嬉しい花、作って楽しい花の教室を行っている。
北薗明美です。

夏休み企画として出張ハーバリウムお茶会を開催しました。

ハーバリウム体験

イシゾノにとって出張もハーバリウムレッスンも初めての企画だった。
私たち自身も皆さんが楽しんで頂けることに徹してレッスンを進めていきました。

ハーバリウム体験

ハーバリウムを知っているという方は、今回一人もいませんでした。
ご紹介して写真が綺麗だったので体験したくてきましたという方ばかりでした。

ハーバリウムの特徴は、お花を好きなようにガラス瓶に入れて
オイルを注ぐだけですが…

それは、趣味でなさっている方のやり方。
イシゾノでは、全体のバランスを見てお花を組み込んでいくような
お伝えし体験頂きました。

2パターンの花材をお持ちしましたが10人10色。
親子であっても全く違う。

ハーバリウム体験

そして、何よりも男の子も女の子も夢中になりガラス瓶にお花を詰める。

ハーバリウム体験

子供は、感性が豊かなので大人よりも早く作る子供もたくさんいました。
出来上がりがクオリティが高いので驚きました。

ハーバリウム体験

子供はガラス瓶の口が大きいタイプ。
ママさんは、スクエアボトル。
それぞれ個性があって素敵だと思いませんか。

ハーバリウム体験

今回の体験では凄い勉強になりました。
そして、親子が楽しいんで頂いている姿を目の当たりにして
親子のハーバリウム体験は夏休みだけでなくこれからもイシゾノの体験メニューに取り入れていこうと思いました。

今回、体験頂いた方のお声をご紹介させて頂きます。
Q. ハーバリウム体験されいかがでしたか?
Yさん:植物に触れながら楽しく体験ができました。
オイルを注ぐと植物の色が鮮やかになりイキイキとしてくるのに感動しました。
家に帰って癒されたいと思います。

Tさん:先生お二人の優しい口調と雰囲気で初めてでもとても楽しめました。
娘も一生懸命作業している姿を見てもう一度参加したいと思いました。
次回は、手順やコツを教えて頂いたのでもっと楽しめそうです。

Hさん:子供と一緒に体験できたのでとっても楽しかったです。
丁寧に説明して頂いて分かりやすかったです。

Kさん:とっても集中できてアッという間の時間でした。
オイルを入れたらこんなにお花が変わるなんて感動しました。
いくつか集めたいと思います。

ご参加頂いた方の一部の方のお声をご紹介させて頂きました。

ハーバリウムは、観賞用ですが私は体験してこそハーバリウムの良さがわかると思ってます。

出張体験は、ハーバリウム作成は1本ですが

9月からのお教室でのレッスンでは、
2本作成できます。

ぜひ、遊びに来てください。

ご予約はこちら➡ご予約フォーム

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村