失敗から学ぶこと

東京・港区麻布十番でドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

昨夜のワールドカップは、凄かったですね。
私も近くのドイツ居酒屋でみんなで大ビジョンで応援してました。
最後まで諦めないこと。
大切だと改めて感じました。

さて、タイトルにもあるように少しづつ形になってきましたよ。
ドライボタニカルフラワー。
最初は、こんな感じでしたが…

ドライボタニカルフラワーは、とっても繊細。
生花の風合いを残しながら保つ、ドライボタニカルフラワーは難しいけど作り続けると形になってきました。

ガーベラやバラは、繊細で花びらがすぐ取れてしまう。
だからこそ、ドライボタニカルフラワーすることでプリザードブフラワーでもない、ドライフラワーでは出せない風合いをお届けしたいですね。

まだまだ、失敗すると思うけど、めげずにドライボタニカルフラワー作っていきます。
今、空前のハーバリウムブーム。
他のサロンとの差別化を考えてる教室は、ドライボタニカルフラワーおススメです。
オイルに入れるととってもナチュラルで色が綺麗。

今後もハーバリウムに入れるお花をドライボタニカルフラワーで作っていこうと思ってます。

また、この何とも綺麗な風合いのドライボタニカルフラワーを使ってアレンジも今後色々ご紹介していきますね。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

また、9月からドライボタニカルコースもスタート予定。
8月から予約申込み開始予定。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム


にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

にほんブログ

 

ドライボタニカルフラワーとドライフラワーの違い

東京・港区麻布十番でドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

夏物の洋服を金曜日に買ってみましたが、いつ着れるんでしょうか?
東京は相変わらず梅雨寒ですね。

さて、今日も朝からドライボタニカルフラワーの仕込み。
楽しんでました。
この中でどれが生花でどれがドライボタニカルフラワーかわかりますか?

実は、右の白いアジサイ以外は生花です。
こちらも生花です。どんな風になるのか楽しみです。

生花は、今日仕入れてまたドライボタニカルフラワーに仕込みます。
先日、ドライボタニカルフラワーに仕上がったのがこちら↓

初めてドライボタニカルフラワーに仕込んだお花だったので、花びらがバラバラになってしまたのが残念。

そして、私の好きなフランネルフラワーもドライボタニカルフラワーになったのでスプレーローズとアレンジさせハーバリウムにしてみました。

生花で届いた時は、あまりにも大輪だったので驚きました。
こちら↓

ドライボタニカルフラワーだけでなく、ハンキングドライフラワー(吊るして作る)どれがドライボタニカルフラワーかわかりますか?

微妙に色が違うのが伝わったら嬉しいのですが…
左側がドライボタニカルフラワーです。

これからもドンドンドライボタニカルフラワーにしていきますね。
また、ご報告します。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

また、9月からドライボタニカルコースもスタート予定。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

生花が届きました。

東京・港区麻布十番でドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

今日は、雨のお休みです。
こんな日はお家でゆっくりするのもありですね。

そう。
私も本日は一日OFFです。

昨日届いたたくさんの生花を、ドライボタニカルフラワーにしようと。
初めて、生花が届いたので何から手を付けようか、昨日からワクワクです。
今回届いたお花はこんな感じです。

グリーンのスプレイローズは、小さなキャベツのような感じでした(笑)
注文を間違えたのかと思っていた。
10本頼んだに…
茎で10本なので、花は1本に10輪ぐらい咲いている。

だから、この量なんです。
いつものドライフラワーでは、この量は到底無理です。

あと、こちらもバラのスプレーローズ。

プリザードブフラワーのてまりローズのようです。
そして、ガーベラもこんなにたくさん。

2種類のガーベラを頼んでみました。
茎がしっかりしていて、大きなガーベラはドライボタニカルフラワーにしてもまだまだあったのでドライフラワーにしてみましょう。

そして、まだ楽しめるのでしばらく生花で飾ってみました。

改めて、お花の楽しみ方はたくさんあるな~と感じました。
今回は、ドライボタニカルフラワーとドライフラワーに出来るのでお花の風合いや色の違いもご紹介していこうと思います。

お花をいじってる時は幸せですね。

ドライボタニカルフラワーは、色んな花を実際に使ってみてドライボタニカルフラワーに適しているのか、ドライフラワーを作っていこうと思います。
また、作ったお花もハーバリウムに向いているのか、スワッグ、リース、トピアリーなのかも見極めていきたいと思います。

8月には、実際にドライボタニカルフラワーを使ってレッスンをしていこうと思いますのでお楽しみに。

また、9月からドライボタニカルコースもスタート予定。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

アジサイのドライボタニカルフラワー

東京・港区麻布十番でドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

日課になってきた朝のウォーキングも日に日に暑くなってきました。
街に咲くアジサイも暑さに耐え、一生懸命咲いている感じがしますね。

そう。
あまりに綺麗なので、旬のアジサイを鉢で購入。

そして、勉強中のドライボタニカルフラワーのために1週間前に仕込んだ。

どうでしょうか。

ドライフラワーの独特なくすみもなく、着色料は一切使わずこの色彩。
バラバラになってしまったので、ハーバリウムにはピッタリ。

明日は、バラとガーベラの生花が届く。
今度は、スワッグやリースに使えるように仕込みたい。

そして、今日はヒマワリをプランターに植えてみました。

一つ楽しみが出来ました。
元気なヒマワリが育つようがんばってお水あげなきゃね。

今回のようなドライフラワーは、ドライボタニカルという技法で生花をドライフラワーに変化させました。
9月下旬からは、ドライボタニカルコースもスタート予定。
お楽しみに。

 


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライボタニカルフラワーに変身

東京・港区麻布十番でドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

いよいよ、東京も梅雨に入ったようですね。
一年で一番嫌いな時期と思っていたのは、昨年までになりそうです。

この時期のお花の豊富なことに、きっと今までは意識してなかった。
6月に入りお天気にも恵まれ、仲間と大人の遠足でたくさんのお花に触れてみると改めて自然は良いな~なんて思ってます。

大好きなフランネルフラワーの鉢植えを見つけた。

ドライフラワーになった物しか見たことなかったので、迷わず買ってみました。
ハーバリウムに入れるととっても可愛いの。

そう。
ドライボタニカルフラワーにするために、元気なうちにカットして仕込みます。

どんな仕上がりになったかまたご紹介しますね。
とっても楽しみ(笑)

ドライボタニカルフラワーにするために、道に咲いている花や生花店のお花を色々物色してます。

ちなみに、今日はいただいたヒマワリをプランターに植えてみました。
どんな、ヒマワリが出来るか楽しみです。

お花を育てる楽しみと生花の風合いを残して、変化していくドライボタニカルフラワー。
今後も色々なお花を変身させてご案内していきますね。
お楽しみに。

9月下旬からドライボタニカルコースもスタート予定。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

なぜ、ドライボタニカルフラワーなのか?

東京・麻布十番で天然のドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

東京もそろそろ梅雨でしょうか。
アジサイが街を彩り綺麗ですね。

さて、先日フラワーエデュケーションジャパン(FEJ)本部で開催された1回目のドライボタニカルレッスンについてお伝えします。
今回は、既に全国でフラワースクールをなさっている先生に向け開講された講座です。

タイトルにあるように、なぜドライボタニカルフラワーなのか?
今回の講座の最大の特徴は、簡単にいうとドライフラワーを作ることなんです。

昨年から、ハーバリウム、ドライフラワーブームと天候不順によってドライフラワーが不足してます。
長年ドライフラワーを扱っている先生に聞くとやはり、質が悪く値段が高いと。

特に、ハーバリウムに使う小さなバラなどほとんどなくなった時がありました。
ようやく手にした時は、黒ずんだバラ。

私のドライフラワー選びは、見た時にドキドキするかどうかなんです。
何度も問屋に通っても気に入ったのがなく、かなりマインドは落ちました。

そんな時に、所属しているフラワーエデュケーションジャパン(FEJ)からのメルマガでドライボタニカルコースのお知らせがきました。

代表されている藤江先生自身も質が落ちていることとで今回のドライボタニカルコースを立ち上げた理由の一つだと言っておられました。

そして、生花の美しい状態を少しでも保ちながら楽しむ方法。

今回のドライボタニカルレッスンを受講して感じたことは、お花が好きな方ならどなたでも知っておくと楽しめると思います。

例えば、庭に咲いたお花をや記念に頂いたお花もドライボタニカルフラワーで新たに再現することができます。

ドライボタニカルレッスン

ドライボタニカルコースを受講する上で楽しいなって感じるもう一つの理由は、この花材を使ってアレンジしてくださいっていうレッスンではないこと。

もちろん、ドライボタニカルフラワーを使ってのアレンジも5作品作りますが私自身が本当にこのコースでないと味わえないこと、大きな特徴はお花の持つ美しさを知ること。
理解するからこそ、一つ一つ丁寧にドライボタニカルフラワーに仕上がった時、凄い楽しみでワクワクします。

どんな風に仕上がったかな?とか想像以上に○○だなってことや失敗もたくさんあります。

だから、自分の気に入ったお花を作ることが出来るのはドライボタニカルコース。

ドライボタニカル

また、生花を仕入れたり管理するのは大変かな?と最初は思いました。

しかし、生花店を開くわけではありませんので、大量に必要ではないです。
育てている花や街で見かけたお花でも良い。

記念日に頂いたお花も少しでも長く楽しむことができます。

そう考えると、大変さよりもワクワクが勝ちました。

前回のBLOGでも書きましたが、私がお花を取り入れた一番の理由は来てくださる方々に喜んでもらいたい。
楽しんで頂きたい。

こんなお花見たことない!って感動してほしい。

自分で生花からドライフラワーにすることで、今までのドライフラワーの良さも実感でき更に、幅が広がるのではないかと感じてます。

生花からドライフラワーへ変化させ、アレンジしていく。
まさに、大谷選手のような二刀流のような感じです(笑)

今回のレッスンは、全国一斉開講前に私たち講師を対象で皆さんに受講頂けるのは、9月20日以降となります。

詳しくは⇒ドライボタニカルレッスン

後に
ホリエモンの本「自分のことだけを考える」でにこんなことが書いてました。
自分の好きな仕事を心から注げることほど幸せなことはない。
さらにその仕事が「周りの幸せ」につながればいうことはないだろう。

自分の幸せの追求は周りの幸せにつなげる。

あなたはいかがですか?
私は花を仕事にした時に強く感じました。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライボタニカルレッスンスタート

東京・麻布十番で天然のドライフラワー・プリザードブフラワーを使ってハーバリウム、スワッグ、フラワーアレンジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

ついに、レッスンがスタート。
今日の日を楽しみにしてました。

秋からスタートする
ドライボタニカルコースのレッスンが本日ありました。

ドライボタニカル

昨年から、ハーバリウムの影響でドライフラワーが人気にはなって嬉しいことです。
かし!
花問屋に足しげく通っていても、中々思うような花に出逢えなかったり、価格が高かったり…
諦めかけていた時に今回のドライボタニカルコースのお話が3月にきました。

今回のドライボタニカルコースは、FEJ(フラワーエデュケーションジャパン)で直営校を行っているスクール限定で集中講座が開催されました。

イシゾノとしては、花材のクオリティを上げていきたいと思っていたので楽しみにしてました。

実際に、代表の方からドライボタニカルコースをスタートするにあたっての想いが私たちイシゾノと同じだったので今後習得する内容が楽しみです。

皆様へは、9月20日以降に一斉にご案内しレッスンスタート致します。

今日を含めて3日間ですが、生花からドライボタニカルフラワーへ変化する工程。
ドライボタニカルフラワーに適しているお花なのか。
また、ドライボタニカルフラワーを使用してのアレンジメントなど。
ワクワクする内容が続きます。


生花を仕入れて納得いく花を提供する。

今まで生花は、取り扱いはしてなかったけど、今回の講座がなければ生花は取り入れてなかった。
生花を仕入れても、どの花がドライフラワーに適しているのか分からなかった。
ドライフラワーにする工程を理解していないと
、変色したり縮んだり…。

ともかく、クオリティの高いものを提供したいとので花材に妥協はしたくない。

だからこそ、生花ではなくプリザードブフラワーでは表現出来ない色や風合いを提供できるのがドライボタニカルフラワーです。

昨日も蚤の市に訪れて感じたのは、お花、ドライフラワーへの関心は間違いなく増えている。

今、世の中はドンドン変わって来ています。
お花の本来の美しさを楽しんで頂くのは、ドライボタニカルは適していると思ってます。

写真は、大きなお花が多いですがハーバリウムに入れる小さなお花ももちろんあります。

イシゾノでは、8月に正式なご案内が可能となります。
ドライボタニカルフラワーコースの受講レッスンは9月下旬となります。
FEJからのギフトでお申込み先着100名様には特典を頂けるようです。

それまでは、いろんなお花を買付て試作してこちらのBLOGでご案内させて頂きますのでお付き合い頂けたら嬉しいです。

お楽しみに。


自己流ではなく、ハーバリウムの正しい知識を取得して仕事にしたい方。
イシゾノでは、ハーバリウム資格取得コースもご案内してます。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村

ドライボタニカルレッスン

麻布十番で天然のドライフラワーでハーバリウム、スワッグ、リース体験レッスン。
プリザードブフラワーを使ってフラワーアレジメントの体験レッスン教室・通販を行っている。
フローラルデザインイシゾノ 北薗明美

明日からスタートするGWは皆さんは何処かお出かけですか?
一年で一番気持ちが良い気候なので何処に行っても気持ちが良いですね。

イシゾノは、前回のBLOGでも記載しましたがお蔭さまでほぼ毎日レッスンの日々です。
母の日のためにレッスンに来られる方も多いです。
毎日お花まみれになり楽しみです。

さてさて、タイトルにあるドライボタニカルレッスン。
実は、今年の9月からスタートを予定しているレッスンなんですが、詳細は5月末からレッスンを受講しお伝えできるかと思います。
その前に、なぜドライボタニカルレッスンなのか。
ちょっとお話しますね。

まず、イシゾノでは、花材を妥協したくないなというのが大前提にあります。
なので、1週間に一度はお花の問屋に顔を出してドライフラワーを吟味している。

そんな中で、昨年末あたりから天候不順とハーバリウムの人気でドライフラワーの質が落ちているのがとても気になっていた。

ただ、今の環境からだと生の花を育ててサロンで吊るして乾燥させるのは難しい。
だけど、花材には妥協をしたくない!

そんなジレンマが届いたのかと思うようなレッスンのお知らせが来た。
それは、イシゾノが属しているフラワーエデュケーションジャパン(FEJ)から古くて新しい植物の技法
そして、飛び込んできた画像を見てこれだ!って叫びました(笑)

ドライボタニカル

生花をドライフラワーにする過程を楽しむ。
ただ、風通しの良いところに干すだけでなく、自然の風合いを残しながらも綺麗に乾燥させまる。
もしかして、生花なんじゃないかと思えるような風合い。

どうしても、ドライフラワーにする過程で色がくすんだりひび割れしたりすることが味わいだったりします。
だけど、自然の色をそのままの風合いで残せたら最高じゃないですか。

ドライボタニカルレッスン

ハーバリウムはもちろんですが、ドライフラワーのアレンジもドンドン増やしていきたいと思ってます。

素材が良い花材だと、さりげなくアレンジしてOK。

9月20日以降にレッスンをスタートします。
フラワーエデュケーションジャパン(FEJ)から先着100名様には素敵なプレゼントがもらえるようなのです。

これからちょくちょくご紹介しますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。


母の日特別限定企画は、残り僅かになってきました。
今年の母の日まだ決まってない方は是非ご利用くださいね。

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村