作り手の情熱が聞ける

初めてお花をアレンジする方も楽しめるフラワースクール。
花材に拘り、生花から仕入れドライボタニカルフラワーを制作・ドライフラワーを使ってリース、スワッグ等の様々なアレンジやハーバリウムのレッスンを行ってます。 フローラルデザインイシゾノ 北薗明美


今日の東京は夏日だったようですね。
やはり…
暑かったもんね。

さて、皆さん時々TVのCMから聞こえてきたキャッチコピーに反応することないですか?

私は、タイトルにある「作り手の情熱が聞ける」というキャッチコピーが耳に入ってきました。

何のCMだと思いますか?

このキャッチコピーは、
「ショップチャンネル」のCMです。

あんまり見ない番組ですが、一度見るとハマると聞いた事があります。
ずっと、商品の実演をしている番組ですよね。
購買意欲を掻き立てながら、最後に金額提示して煽ってくる。

すごい戦略ですよね。

その会社のキャッチコピーが「作り手の情熱が聞ける」

ひとつの商品について永遠語っていることから、情熱が聞けるとあるんでしょうね。

このキャッチコピーを聞いて、
イシゾノの想いと似てるなって感じた。

なぜか?

それは、イシゾノでは、主にスクールレッスンを中心に展開しています。
時々、フラワーアレジメントは販売はしないんですか?とよく聞かれます。

しかし、答えは「時々します」

プリザーブドフラワーのアレンジメント。
昨年もご注文下さった方は、今年もご注文頂けるのは嬉しいですね。

で、なぜ積極的にしないのかというと…
作る楽しみって結局はイシゾノに来ないとわからないと思うんです。

つまり、お花を通して楽しんで頂ける場としての考えが強いのかな。

生花をドライボタニカルフラワーにしたり、そのお花をアレンジすることがたまらなく楽しくイシゾノっぽいのかも知れません。

前回のBLOGでもご紹介したように、畑でも花を育ててドライボタイカルフラワーにしようと思っているので今までよりももっと花が増えます。

そうして時に、せっかくのお花が旬の状態で人目に触れないのはもったいないので今後はWEBShopも並行して考えてます。

その時に「作り手の情熱が聞ける」をきちんとお伝えしながらドライボタニカルフラワーのバラ売りになるのか、アレンジ商品になるのかはまだ決めてませんが検討中です。

ちなみに、今日出来上がったマリーゴールドのドライボタニカルフラワーと摘み取ったばかりのマリーゴールド。

どちらがどっちかわかりますか?

正解は

こちらが生花です。
左がドライボタニカルフラワーです。


触れてみないとわからないぐらい綺麗に仕上がりました

自画自賛ですが、良いんです。
この素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたいですね。

これこそが「作り手の情熱が聞ける」でしょうか。

たくさんお花がある季節に一緒にドライボタニカルフラワーを作ってみませんか?
詳しくは➡ドライボタニカルレッスン


◎好きを仕事にしたい!お花を仕事にしたい!
自己流ではなく、正しい知識を取得して仕事にしてみませんか?
イシゾノでは、ハーバリウム、プリザーブドフラワー資格取得コースもご案内してます。

◎生花からドライフラワーを制作するドライボタニカルコース
ドライボタニカルコースを随時受付中。

◎メルマガスタートしました。

BLOGより最新のお得な情報をお知らせ致します。
ご希望の方は➡メルマガ登録

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム