なぜ、母の日にカーネーションを贈るのか?

初めてお花をアレンジする方も楽しめるフラワースクール。
花材に拘り、生花から仕入れドライボタニカルフラワーを制作・ドライフラワーを使ってリース、スワッグ等の様々なアレンジやハーバリウムのレッスンを行ってます。 フローラルデザインイシゾノ 北薗明美


なぜ、母の日にカーネーションを贈るの?

母の日の始まりは、1910年にウェストバージニア州で少しずつ始まりアメリカ全土に広まった。

1914年には正式に「母の日」として制定されたそうです。

ウェストバージニア州の知事が、
「5月の第2日曜日を母の日にする」と宣言するに至った背景には、アンナ・ジャービスの働きかけがあったと言われています。

アンナの母親であるアン・ジャービスが好きだった花が白いカーネーションから始まったようです。

それから、日本で初めて母の日のイベントが開かれたのは明治末期頃だそうだ。

当時教会で行われたイベントによって、人々の間に広まったと伝えられたと言われている。

ちなみに、母の日に贈られる代表的なカーネーションの花言葉は、
「女性の愛」や「感覚」、「感動」、「純粋な愛情」など。

普段は、先入観がついてお花を選びづらくなるのではないかと思い、花言葉は使わない。だけど、なぜ、母の日にカーネーションを贈るのか?は昔から気になっていたので花言葉を聞くとなるほどって感じですね。

花に想いを託す風習は17世紀頃にトルコからヨーロッパ中に伝わり、各国で花言葉が生み出されていったと言われています。

花言葉が時代と共に変わっても、「花に想いを託す」という風習は変わることなく受け継がれています。
花言葉も良いけど、本人の好きな花がカーネーションだったというのは、私は腑に落ちた。

イシゾノでも母の日に向けて今年は、BOXアレンジをレッスンで行います。
その際に使用する花はカーネーションだけでなく色々仕込みドライボタニカルフラワーに仕上がってます。

今年のイシゾノは、カーネーションはもちろんですが様々なお花をご用意してお待ちしてます。

【母の日特別イベント】ご予約状況 (4/24時点)
4/27 13時~残お一人様
4/28 満員御礼
4/29 13時~残お一人様
4/30 13時~残お一人様
5/2 満員御礼
5/3 満員御礼
5/4 13時~残お一人様
5/5 13時~残お二人様
5/6 13時~残お二人様
5/813時~ 残お一人様
5/9 13時~残お二人様
5/10 13時~残お二人様
5/11 満員御礼
追加 15時~ 残お二人様

以上
既に、満員の日程もあります。

ピンと来たらお急ぎくださいね。
今年の母の日は、世界にひとつの花を作ってみませんか?
詳しくは➡2019母の日イベントをご覧くださいね。


◎好きを仕事にしたい!お花を仕事にしたい!
自己流ではなく、正しい知識を取得して仕事にしてみませんか?
イシゾノでは、ハーバリウム、プリザーブドフラワー資格取得コースもご案内してます。

◎生花からドライフラワーを制作するドライボタニカルコース
ドライボタニカルコースを随時受付中。

◎メルマガスタートしました。

BLOGで発信する前に最新のお得な情報をお知らせ致します。
ご希望の方は➡メルマガ登録

何かご不明な点は⇒コンタクトフォーム
ご予約は⇒予約フォーム